株式会社カンベ

トップページ > 代表者挨拶

代表者挨拶

「100年の信頼」に基づく真心込めたサービスと感動をお届けします。

 株式会社カンベは、まもなく創業100年を迎える畳の総合商社です。畳資材業界においては古くからの歴史があり、多くのお客様から篤い信頼を頂戴してまいりました。めでたくも100年企業となる当社を育んできた経営基盤には、創業者である神邉與一郎がモットーとした「運・鈍・根」という言葉があります。この3つは“成功”のために必要なもので、一つ目は幸運、二つ目は鈍いと思われるほどの粘り強さ、三つ目は根気。当社が今日あるのは、この3つの言葉のおかげだと誇りに思います。
 本社がある京都は千年の昔から「和」の文化が息づく場所。茶道や華道をはじめたくさんの文化が畳の上で生まれ育ち、今なお脈々と受け継がれています。また、町屋、寺社仏閣といった日本古来の建築にもたくさんの畳が使われてきました。京都にはそういった「和」の文化が身近にあることから、「和」の空間に畳が絶対に不可欠なものだと肌で感じることができ、日本の伝統文化を支える畳資材を扱う商社として誇りを持って堅実に歩んでまいりました。
 2020年には東京オリンピック開催も控えています。2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」に続き、日本の伝統文化が国境を越えてますます注目されることは間違いありません。時代のニーズを的確に把握し、優れた品質を供給し、お客様には「真心を込めたサービス」と「感動」をお届けできるよう、今後も精進してまいります。









株式会社カンベ 代表取締役会長兼社長 神邉 鑅一